トラブル解決

鍵に関するトラブルがあった場合、その場所を開けたい人にとっては1分間がとても長く感じられます。鍵屋を頼んだのに、散々待たされて到着が数時間後というのであればほとほと疲れてしまいます。あまりにも到着が遅いため、ほかの業者を呼んだということも起こります。指定場所からすぐ近くに鍵屋がある場合は良いのですが、少々遠いところから出張してくる場合などは交通事情なども含め何時間以内に到着できるのかを確認してから依頼することが必要です。鍵に詳しいのは鍵屋ですが、生活面のお手伝いでなんでも仕事を引け請けてくれる会社や店舗に鍵の専門家が在籍していることもあります。また、日頃から鍵穴のホコリの掃除や鍵自体も曲がりが起きないよう時々お手入れをしておくと開かないトラブルを回避する割合が高くなります。

賃貸経営をしているオーナーにとって、契約者が引越しをすると鍵を取り替えなければなりません。引越しの決まった契約者が預けた分の鍵を紛失してしまった場合、ドアノブごと一式交換となります。また、入居者が変わるたびに鍵変更が義務付けられる場合は契約者の出入りの回転が速い場合費用もかさみます。それらが想定される場合は、賃貸管理に適している形式の鍵を鍵屋に相談すると良いでしょう。賃貸契約を行っている不動産会社なども鍵屋と鍵の種類調整を行ってくれます。シリンダー型からキーレスタイプに変える方法もあります。その場合は番号管理を行う必要がありますが、契約者が変わった時に番号をオーナー側で変更したものを居住者に知らせるだけとなります。